マーク・トゥ・マーケットとは?

マーク・トゥ・マーケットとは、建玉(ポジション)を現在の相場で時価評価し、現在価値に引きなおすことです。 例えば、「ドル売り・円買い」の場合は、市場レートで今買い戻した時に、どれだけの利益・損失が出るかを計算することを指します。 つまり評価替えのことです。同様の意味あいで「値洗い」という言い方もあります。 ⇒FXについて「はなまるFX」で分かりやすく学ぼう

続きを読む

スポットレート(直物為替レート)とは?

スポットレート(spot rate:直物為替レート)とは、直物為替取引(スポット取引)において適用される外国為替のレートことです。すなわち、取引の成約から資金受渡しまでの期間が2営業日を超えない(銀行間取引の場合による。対顧客取引の場合は、約定日当日受渡し)取引に適用されるレートです。 為替レートには、通貨の受渡し時期によって、スポットレートとフォワードレートがあります。一般的にニュースな…

続きを読む

コールオプションとは?

コールオプションとは、ある期日までに一定の数量をあらかじめ決められた権利行使価格で買う権利を売買する取引のことをいいます。 オプションには、コールオプション(買う権利)とプットオプション(売る権利)があります。 それぞれ「コールオプションを買う」「プットオプションを買う」「コールオプションを売る」「プットオプションを売る」ことができます。 バイナリーオプションの買い手側(トレーダー側…

続きを読む

チャーチストとは?

チャーチストとは、株価の動きをチャートだけで分析・予測する投資家のことです。 経済情勢や需給など、あらゆる要因は相場に織り込まれており、チャートの動きを研究すれば(経済情勢などをあまり顧慮しなくても)、相場の行方を予測できます。 ⇒FXについて「はなまるFX」で分かりやすく学ぼう

続きを読む

アービトラージとは?

アービトラージとは、金融商品で同一価値の商品で一時的に価格差が生じることがあります。 割高なほうを売り、割安なほうを買い、両者の価格差が縮小した時にそれぞれ反対売買を行うことで利益を獲得する取引のことをアービトラージと言います。 相関性のある通貨で為替差益を受け取る方法も良いですが、通貨の相関性は絶対ではありませんので、少なからずリスクが付きまといます。 そこで最も安定した利益…

続きを読む

テイク・プロフィットとは?

テイクプロフィットとは、利益を確定させる売買のことを指します。 利益を出すためには価格の安い時に買って、高い時に売り、または価格が高い時に売って、安い時に買うことによって利益を積み上げていきます。 これは、FXのほかに株式取引(現物取引、信用取引)や株価指数先物・オプション取引、CFD取引などにおいて、安く買って高く売る、または、高く売って安く買い戻すことにより、評価益を実現益にする…

続きを読む

デフレーターとは?

デフレーターとは、一定期間の物価動向を把握するための指数の一つで、GDPの計算をする上で使用する物価指数のことをいいます。 国民所得統計の名目値(時価表示)を実質値(不変価格表示)に換算する物価指数です。 インフレで膨らんだ名目値を元に戻す(デフレート)することからデフレーターと呼ばれるようになりました。 ⇒FXについて「はなまるFX」で分かりやすく学ぼう

続きを読む

ネッティングとは?

ネッティングとは、債権と債務を相殺し、差額だけを決済することです。 お金の受払いを帳簿上で相殺しあうことで、実際の取引金額を小さくします。 ある一定の期日に、債権から債務を差し引いた差額を決済することから、差額決済とも呼ばれていて、取引に伴うリスクの低減、為替手数料や事務処理費用の削減、決済資金の削減などの効果が期待できます。 為替手数料の削減などの効果があります。

続きを読む

シカゴ筋とは?

シカゴ筋とは、アメリカのシカゴマーカンタイル取引所を通じて、通貨先物取引を行っている投資家のことです。 ヘッジファンドやCTA、金融機関など含まれています。 全米最大の先物取引所であり、世界第2位の規模を誇るシカゴ先物取引は、世界の為替マーケットの縮図ともいえ、シカゴ筋が大きく動いたときは外国為替市場にも影響を及ぼすとされています。 ⇒FXについて「はなまるFX」で分かりやすく…

続きを読む

アノマリーとは?

アノマリーとは、ある法則や理論では説明のつかない相場の変動のことです。 FXの市場には様々なアノマリーが存在します。 ~代表的なアノマリー~ ■ ゴトウ日 5、10、15、20などの5の倍数の日はゴトウ日といわれ相場が動意づきやすいと言われている。 ■ 曜日要因 月曜日はドル円が下がりやすく、金曜日はドル円が上がりやすいと言われている。 ■ 季節要因 月ごとにおこる…

続きを読む