ショートカバーとは?

ショートカバーとは、ショートポジションを決済することを言います。 ショートは「売り」の意味で、別名空売りとも呼ばれ、相場が値下がりすれば利益となり、上昇すれば損失となります。 下がると思ってショートしたが、結果的に相場が上昇し損失となったので損切りする場合、ショートの決済を行わなければなりません、このことをショートカバーと言います。

続きを読む

元本割れとは?

元本割れとは資産運用の元手となる元本が減ってしまうこと。例えば100万円の資産運用をしたのになぜか増えるどころかその資産が減り、100万円未満になってしまうことを指します。 FXでは「元本割れ」を、2つの別の意味合いで使われています。 1つ目は、投資した結果、元本を下回ること(本来の意味) FX は、元本保証型の金融商品ではないため、取引の結果、元本を下回ってしまうことがあります。 …

続きを読む

ストップオーダーとは?

ストップオーダーとは逆指値注文とも呼ばれ、損失を限定するためにあらかじめ出しておく注文のことを言います。 要するに損切り注文のことです。レートが、トレーダーが設定した「これ以上損失を出したくない」というところに達した際に、そのレートの注文を執行します ⇒FXについて「はなまるFX」で分かりやすく学ぼう

続きを読む

塩漬けとは?決済せずに持ち続けるリスク

塩漬けとは、ポジションを長く持ち続けて最終的に利益が出なかった場合等、資産を寝かせている状態の事を指します。その状態は利益がないばかりかその間の時間を無駄に過ごしてしまったことになります。 FXで塩漬けになった場合の解消法の一つはやはり、損切りする事! 塩漬けにするという事は切るに切れない額になっているという事だと思いますが、そもそも戻る見込みがあるのならいいですが、おそらく無いのだ…

続きを読む

追い証とは?

追い証とはFXである程度の損失が出て、証拠金の追加をする事です。 追証の必要がでてくると、業者から連絡がきます(マージンコール)。 証拠金がある程度減ると強制決済されてしまい、強制でFXを中止させられてしまいます。 FXをする時はまず業者に証拠金を預けることでレバレッジをきかせて、元手の数倍から数百倍の取り引きができますが、そこで損失が出た時は証拠金から差し引かれます。 その…

続きを読む

マーケット・レートとは?

マーケットレートとは、マーケット(市場)のレートということで、現在の市場での取引価格の事を指します。 市場には、外国為替を取り扱う外国為替市場や、有価証券を取り扱う証券市場などがあります。 マーケットにも営業時間がありますが、外国為替取引では諸外国のマーケットを使うことができるので、24時間いつでもマーケットが開いている状態になります。 そのため、マーケットレートも24時間変動する事に…

続きを読む

カバー取引とは?リスク回避注文

カバー取引とは相対取引(店頭取引)でのリスク回避注文です。 FX取引は為替レートの変動により売買益を得る投資になりますが、この場合も投資家が売買益を出したということはその額をFX取引業者が負担することになります。そこで行われるのがカバー取引です。 カバー取引とは、投資家から受けた取引注文と同じ注文を別の金融会社に出すというものです。 例えば、投資家が1ドル100円で10万ドル買…

続きを読む

注文中証拠金とは?

注文中証拠金とは約定がまた完了していない注文中の注文に要する必要証拠金のことです。 約定をしていなくても、注文中の注文にも証拠金がかかっています。 ⇒FXについて「はなまるFX」で分かりやすく学ぼう

続きを読む

信託保全とは?もしFX会社が倒産したら・・・

もしも、もしもですよ。自分が取引している業者が倒産してしまったらどうなるでしょうか? 以前は、FX会社そのものが経営破綻した場合に、FX会社に預けているお金や利益が返ってこないということが心配されていました。しかし、現在では、その心配はほぼなくなっています。 簡単に説明します。 信託保全とは、FX会社が顧客から預かっている資産や利益を、FX会社自身の資産とは分けて管理し(分別管理)…

続きを読む

カバー、カバー取引とは?

FX取引では相場の変動に対して保有ポジションにて損益が発生し、それが利益になったり損失になったりします。それの基になる数値が為替レートです。 しかしFX取引においてFX会社が為替レートを有利に動かすことは出来ず、インターバンク市場に依存しています。言わばどっちに転ぶか、どっちが得をするかは半々なのです。 FX会社はそのようなリスク回避するために、顧客からの注文と同等の注文を他の外国為…

続きを読む