ビッド・レートとオファーレートとは?

ビッド・レートとは、買い手が提示するレートのことです。 オファーのことをアスク(ask)と呼ぶこともあり同じ意味です。為替取引参加者はこの価格で買うことができます。 オファーレートとは、FX業者や取引市場側が売ってもよいという価格のことです。ということは、為替取引参加者はビッドで示された価格で売ることができます。 相場は、ビッド・レート(買いレート)と、オファー・レート(売りレート)の…

続きを読む

織り込み済みとは?

織り込み済みとは、相場に影響を与えるニュースや材料が出たにも関わらず、相場に変化が無いとき、相場は既にその材料を「織り込んでいる」というようにして用います。 材料が出たにも関わらず、相場が動かなかった時に使います。 例えば・・経済指標の結果が前々から予想できている場合などに、 「予想通りの良い結果・悪い結果」が発表されると価格は影響を受けることなく「織り込み済みである」などと言われ…

続きを読む

ウィークオーダーとは?

ウィークオーダーとは、の週の金曜日、米国市場終了(日本時間の翌土曜日早朝7時、米国サマータイム時は6時)までを有効期限とする注文のことです。 使い方としては、「その週のみ有効な注文」を出したい時に使います。 為替相場の場合、週末にポジションを持ち渋る人が多いので、そのニーズに対応した注文方法です。 新規注文のためのウィークオーダーの場合、有効期限を過ぎると注文は成立せず、自動的…

続きを読む

アセットコントロールとは?

アセット(asset)とは、英語で資産を表す言葉です。 金銭的価値のある財産のことをいいます。FXでの取引の際に運用されているお金の具体的なカタチです。 アセットコントロールとは、一般的なポジションごとの資産管理ではなく評価損益ベースでの資産管理を可能とする仕組みのことです。 これにより、異なる通貨ペアを保有していてもトータルで資産管理ができますので、例えば以下のような運営…

続きを読む

オーバーシュートとは?

オーバーシュートとは、相場がチャートポイントを飛び越えるような形で、急激に行き過ぎた動きをすることです。 つまり、相場の行き過ぎた変動のことで、例えば、長期間の移動平均線やサポートライン、レジスタンスラインなどで、適正範囲だと考えられていたラインを上、または下に大きく乖離する状況のことをいいます。 オーバーシュートの起こる特徴として、経済指標が予想と大きく違う時、また要人の思わぬ発言…

続きを読む

アゲインストとは?

アゲインストとは、FXの取引において、損をしている状態を表す用語です。 現在不利な状態、すなわち「含み損」となっている状況を指します。 自分の保有しているポジション(為替の持ち高)が、現状のレートと照らし合わせてみて、損をしている 状態であって、あくまで評価損益の状況を示すもので、確定した損失ではありません。 例えば、1ドル110円で買った外貨が、現状のレートで1ドル105円に…

続きを読む

ポジションテイカーとは?

ポジションテイカーとは、自分の相場観をもとにリスクを取ってポジションをもつ、投機による収益を狙う市場参加者のことです。 大きなマーケットを見て、自己のポジションを作り、投機で一か八かの大もうけを狙う人を表す言葉です。 あるいは、金融業界の投機における、ベテランのデイトレーダーなど、の専門職を意味している場合もあります。 銀行間の取引をするインターバンクディーラーと異なり、ポジ…

続きを読む

メジャーカレンシーとは?日本語では「主要通貨」

メジャーカレンシーとは、世界中の外国為替市場で、取引参加者、取引量がともに多い通貨のことです。 現在であれば、米ドル(USD)、日本円(JPY)、ユーロ(EUR)、英ポンド(GBP)、スイスフラン(CHF)の5通貨のことを指します。 FXではオーストラリアドル(AUD)、ニュージーランドドル(NZD)、カナダドル(CAD)の3通貨も人気がありますが、メジャーカレンシーの区分として流動…

続きを読む

ゴールデンクロスとデッドクロスとは?

ゴールデンクロス、デッドクロスとは、移動平均線の特性を利用して相場の方向性や転換予測をするためのチャートパターンの一種です。 移動平均線の動き方の特性を利用して、短期線と長期線の2本の移動平均線を使って相場の転換を予測するのが、ゴールデンクロスとデッドクロスです。 短期線が長期線を、下から上に突き抜けた局面をゴールデンクロスといい、 逆に短期線が長期線を、上から下に突き抜け…

続きを読む

有事のドル買いとは?

有事のドル買いとは、戦争や予期せぬ出来事などの有事が起こった時に基軸通貨で信頼のある米ドルが買われることを指します。 基軸通貨ということのほかに、ドル自体が安定している通貨という評価と、米国債も安全資産と位置づけられているために、有事が発生した際に、ドルが買われやすくなっていたのです。 ところが最近では米国多発テロの影響もあり、有事が発生した際でも、思った以上にドル買いが進まないこ…

続きを読む