アノマリーとは?

アノマリーとは、ある法則や理論では説明のつかない相場の変動のことです。 FXの市場には様々なアノマリーが存在します。 ~代表的なアノマリー~ ■ ゴトウ日 5、10、15、20などの5の倍数の日はゴトウ日といわれ相場が動意づきやすいと言われている。 ■ 曜日要因 月曜日はドル円が下がりやすく、金曜日はドル円が上がりやすいと言われている。 ■ 季節要因 月ごとにおこる…

続きを読む

ビッグフュギュアとは?

ビッグフュギュアとは、ディーラーが使う用語で、為替レートの大台のレートのことです。 取引が盛んに行なわれている場合などに、レートの提示から省略されることがあります。 米ドル/円市場で、119.35/45の場合は、ビッグフィギュアは119。 ⇒FXについて「はなまるFX」で分かりやすく学ぼう

続きを読む

ティックチャートとは?

ティック・チャートとは、FX取引や株式取引で、もっとも短い時間の値動きを表わすチャートのことです。 ティック・チャートには、分足・時間足・日足のように期間がありません。 1分足よりも短い期間での表示となり、売買が約定するごとに、チャートに点を付けて動きが表されます。 始値や高値の概念がないため、ローソク足やバーチャートと異なり、折れ線グラフで表示されるのが特徴となり、1本の線が…

続きを読む

上放れ・下放れとは?

上放れとは、ある一定の水準(レンジ相場など)を超えて為替レートが、一気に大きく上昇したり、直前の価格から大きく価格が上昇して取引されることです。 下放れとは、相場での今までの値が一気に下に抜けることを指します。 またレンジ相場(保ち合い)のサポート(下限)を下に抜けた時も下放れといいます。 下放れが起きた時は売りの圧力が大きく、相場転換のサインとして活用されます。 ⇒F…

続きを読む

為替相場決定理論とは?

為替相場決定理論には様々な学説があり、為替需給のどこに注目するかにより、古典派理論であるフローアプローチと近代派理論のストックアプローチの大きく2つの理論に分ける事ができます。 フローアプローチとは一定期間に生じた対外取引の受取りと支払いの金額から、為替レートを予想する事です。 それに反して、ストックアプローチとは、一時点の資産残高から需給を捉える方法で、投資資産に占める外貨資産の…

続きを読む

アンワインドとは?

アンワインドとは、低金利通貨をファンディング(調達)し、高金利通貨で運用するポジションが限界まで膨らんだ時に、手仕舞い等により逆にポジションが巻き戻ることです。 アンワインドは、株式市場や為替市場などの先行き不透明感に因るところが大きくアンワインドによって、投資家の資金は、高リスク市場から低リスク市場へ流れます。 例えば、株式市場から債券市場への資金シフトや新興国市場から先進国市場への資…

続きを読む

チャーティストとは?

チャーティストとは、チャートで相場の先行きを予測する投資家のことです。 つまり、テクニカル分析を用いてトレードする人のことを指します。 FX取引では、国際情勢や経済状況によって相場の先行きを予測するファンダメンタルズ分析よりも、チャートで相場の先行きを予測するテクニカル分析の方が重要であると唱える投資家が多いとされています。 ⇒FXについて「はなまるFX」で分かりやすく学ぼう

続きを読む

往復ビンタとは?

FXにおける往復ビンタとは、相場が大きく動いた時に持っているポジションを損切りして、そこから逆のポジションを持って、さらに逆に進んで損してしまうことです。 損切りして反対のポジションを持って、また損してしまうため、「往復ビンタ」です。 損切りを行った時は、安易に次の注文をせずに、まずしっかり相場を見ることが始めましょう。 往復ビンタの繰り返しで、1日で退場なんてこともよくある話なの…

続きを読む

スペキュレーションとは?

スペキュレーションとは、株価や為替などの価格変動を利用して、短期的な売買を主体に利益を得ようとする行為のことで、リスクをとり、思惑(おもわく)で売買取引を行うことです。 似た行為に投資(Investment)がありますが、スペキュレーションにはよりハイリスク・ハイリターンのイメージがあります。不確実なものに対してやまをはるという行為がスペキュレーションなわけです。 一方、思惑ではなく実需に…

続きを読む

バリューデートとは?

バリューデートとは、金融商品の取引実行日のことです。 多くの外国為替取引では、時差などを考慮して、このバリューデートを取引日の翌々営業日に設定しており、この日中までに資金の支払を済ませることが義務付けられています。 「ドル円」では、ドル資金と円資金を交換する日のことをいいます。 ⇒FXについて「はなまるFX」で分かりやすく学ぼう

続きを読む