レバレッジとは?FXで効率よく資金を運用する手段を理解しよう

FXでは手持ち資金を証拠金としてFX会社の口座に入れておくことで、証拠金の1~25倍の金額の取引が可能になります。この仕組みをレバレッジといいます。

少ない証拠金で大きな取引ができる仕組みなので、「てこ」のような役割を果たすとこのような名前がついています。

掲示板などではレバ○倍などと表現されています。

普通10万円の資金であれば10万円の取引しかできませんが、レバレッジを10倍にすると10万円の10倍、100万円の取引が可能になります!最大25倍なので10万円の資金があれば250万までの取引が可能になります。

取引できる金額が大きくなれば得られる利益も大きくなりますので、少ない金額で大きな利益を目指せるのがレバレッジのメリットです。

しかし、その逆もありで、損失を出してしまった時の金額もレバレッジを大きくすればするほど大きなってしまいます。

レバレッジを高めるとハイリスク・ハイリターンの取引になりますので、特に初心者の方はレバレッジは5~10倍程度に抑えるようにすると良いです。

また日本国内のFX会社は金融庁の指導のもとレバレッジは25倍まで(法人では100倍まで)の自主規制がされていますが、金融庁の監督を受けていない海外FX会社では400倍や888倍など、国内会社では考えられないほどのレバレッジで取引する事が出来ます。

超ハイリスク・ハイリターンの取引が可能になりますが、金融庁の監督を受けていないので会社によっては詐欺会社であったり、トラブルに巻き込まれる可能性も高いです。

さらにもしトラブルにあっても誰も助けてくれないので、レバレッジの高さだけに惹かれて海外のFX会社を選ぶことには注意が必要です。

⇒レバレッジについて「はなまるFX」で学ぼう