日銀短観とは?特に株に影響を与える指標

日銀短観とは正式には「企業短期経済観測調査」と言い、名前の通り企業の短期的な経済状況(の見通し)を調査したものです。

具体的な数値もありますが、「最近は自分の会社は上向いているように思われる」や「これから先業績が落ちることが予想される」などマインド、つまり企業側の気持ちを表したものの発表が重要視されます。

日銀が四半期(3,6,9,12月)毎に調査をして4,7,10月の上旬、12月の中旬に結果を発表します。

企業に調査するアンケート内容は大きく2つ、「計数調査」と「判断調査」です。

●計数調査
売上高、雇用者数、金融機関借入金などを計数的に計ります。

●判断調査
生産、売上、在庫調査、設備投資、企業収益、雇用、企業金融、の項目に対して「「1、良い」「2、さほど良くない」「3、悪い」の3つから選択します。

特に「判断調査」の結果の「良い」を選んだ企業からの比率から「悪い」と感じている企業の比率を引きDIという指数として算出しており、主要企業のDIは景気判断の指標として重要視されています。

株価の変動は為替にも影響を与えるので、FX取引をしている方も注目しましょう

⇒FXとは何か?マンガで学ぼう