美人投票とは?為替の相場も人々のデマで動くことがある・・

美人投票とは、アメリカの経済学者ジョン・メイナード・ケインズ氏による投資理論のことです。

ケインズ氏の著書「雇用と利子および貨幣の一般理論」の中で紹介されています。

自分が最も美しいと思う人ではなく、投票者全員の好みの平均に最も近かった美人が選ばれるという理論をもとに、FX(外国為替証拠金取引)の場合も、主観にかたよらずに、
投資者全体を見て客観的にどの通貨が最も買われるかを予測せよという考え方です。

例えると、あなたが「他人の予測」をどう予測するかということです。
Aさんが最も美人だと考えたとしても、Bさんが勝つだろうからBさんを選ぶそうです「勝ち馬に乗る」ということです。
これがマーケット(相場)だとケインズは言ったのです。
ケインズによれば、相場は他人がどう予測するかを予測することが大事なのだそうです。重要なのは、相場を動かす材料の選定やその動きを予測することにあるのではなく、それを市場参加者たちがどう判断し、どう考えるかです。

⇒FXについて「はなまるFX」で分かりやすく学ぼう