ネッティングとは?

ネッティングとは、債権と債務を相殺し、差額だけを決済することです。

お金の受払いを帳簿上で相殺しあうことで、実際の取引金額を小さくします。
ある一定の期日に、債権から債務を差し引いた差額を決済することから、差額決済とも呼ばれていて、取引に伴うリスクの低減、為替手数料や事務処理費用の削減、決済資金の削減などの効果が期待できます。

為替手数料の削減などの効果があります。