マーク・トゥ・マーケットとは?

マーク・トゥ・マーケットとは、建玉(ポジション)を現在の相場で時価評価し、現在価値に引きなおすことです。
例えば、「ドル売り・円買い」の場合は、市場レートで今買い戻した時に、どれだけの利益・損失が出るかを計算することを指します。

つまり評価替えのことです。同様の意味あいで「値洗い」という言い方もあります。

⇒FXについて「はなまるFX」で分かりやすく学ぼう