テーパリングとは?

テーパリングとは、量的金融緩和政策の買い入れ額の規模を縮小していくことを意味しています。
具体的には、中央銀行による資産の購入を徐々に縮小していき、最終的には購入をやめることを指します。

本来、中央銀行などが直接市場から金融資産を購入する、「量的緩和政策」は、
伝統的に景気を調節する機能を持つ、「政策金利」が0に等しく、これ以上引き下げられない場合に行われます。

このこともあり、この言葉が生まれた2013年5月に、当時のFRB議長バーナンキがこのテーパリングを示唆しただけで、相場が大きく変動することとなりました。

このこともあり、中央銀行は、市場との対話を通じて、非常に慎重にこのテーパリングを行っていく必要があります。


⇒FXについて「はなまるFX」で分かりやすく学ぼう