普通の専業主婦でも旦那を超える収入を目指せるFXとは?

副収入が欲しい!とは思っても色々な副業がありすぎてどれをやるのが良いのか迷いますよね。 中には詐欺まがいなものや怪しいモノも多く副業したいけど怖い、、、なんて人も多いかと思います。 また実際副業=元手無しと思う方もいるかもしれませんが実際には準備や初期費用などで出費がかさむことが結構あります。 副業としてぜひ検討したいのが投資、中でもFXがおすすめです。 初期費用…

続きを読む

デモの大事さについて。FXデモトレード体験談

【体験者の情報】 名前(仮名):星野 孝之 性別:男 職業:会社員 年齢:30代 ========================================== FXはまずデモトレードをしてから みなさん、こんにちは 今回はデモの大事さについて。 デモンストレーションって結構大事なことですよね、デモンストレーションなしにぶっつけ本番を…

続きを読む

セントラル短資FXとはどんな会社?無料クラブオフ会員やキャッシュバックなどキャンペーンが豊富

セントラル短資FXとはどんな会社? FXが出来る証券会社は野村證券のような総合証券会社のほか、外為オンラインのようなFX専業の証券会社、ライブスター証券のようなネット総合証券会社などに分ける事が出来ます。 セントラル短資FXは日本の短期金融市場を支える短資会社「セントラル短資」がFX取引専用として立ち上げたFX会社です。

続きを読む

サイコロジカルラインとは?テクニカル分析指標のひとつ

サイコロジカルラインは昔ながらのテクニカルで、通称「サイコロ」なんていう呼び方をされて親しまれているテクニカルです。 サイコロジカル(psychological)は「心理的な」という意味ですが、その言葉通り市場の心理状況を示してくれるものです。 過去12日間のうちで上昇した日数の比率から、 市場での、買われすぎ、売られすぎの状態を見る指標として用いられます。 少々古いイメージもあり…

続きを読む

テーパリングとは?

テーパリングとは、量的金融緩和政策の買い入れ額の規模を縮小していくことを意味しています。 具体的には、中央銀行による資産の購入を徐々に縮小していき、最終的には購入をやめることを指します。 本来、中央銀行などが直接市場から金融資産を購入する、「量的緩和政策」は、 伝統的に景気を調節する機能を持つ、「政策金利」が0に等しく、これ以上引き下げられない場合に行われます。 このこともあり、…

続きを読む

マーク・トゥ・マーケットとは?

マーク・トゥ・マーケットとは、建玉(ポジション)を現在の相場で時価評価し、現在価値に引きなおすことです。 例えば、「ドル売り・円買い」の場合は、市場レートで今買い戻した時に、どれだけの利益・損失が出るかを計算することを指します。 つまり評価替えのことです。同様の意味あいで「値洗い」という言い方もあります。 ⇒FXについて「はなまるFX」で分かりやすく学ぼう

続きを読む

スポットレート(直物為替レート)とは?

スポットレート(spot rate:直物為替レート)とは、直物為替取引(スポット取引)において適用される外国為替のレートことです。すなわち、取引の成約から資金受渡しまでの期間が2営業日を超えない(銀行間取引の場合による。対顧客取引の場合は、約定日当日受渡し)取引に適用されるレートです。 為替レートには、通貨の受渡し時期によって、スポットレートとフォワードレートがあります。一般的にニュースな…

続きを読む

コールオプションとは?

コールオプションとは、ある期日までに一定の数量をあらかじめ決められた権利行使価格で買う権利を売買する取引のことをいいます。 オプションには、コールオプション(買う権利)とプットオプション(売る権利)があります。 それぞれ「コールオプションを買う」「プットオプションを買う」「コールオプションを売る」「プットオプションを売る」ことができます。 バイナリーオプションの買い手側(トレーダー側…

続きを読む

チャーチストとは?

チャーチストとは、株価の動きをチャートだけで分析・予測する投資家のことです。 経済情勢や需給など、あらゆる要因は相場に織り込まれており、チャートの動きを研究すれば(経済情勢などをあまり顧慮しなくても)、相場の行方を予測できます。 ⇒FXについて「はなまるFX」で分かりやすく学ぼう

続きを読む

アービトラージとは?

アービトラージとは、金融商品で同一価値の商品で一時的に価格差が生じることがあります。 割高なほうを売り、割安なほうを買い、両者の価格差が縮小した時にそれぞれ反対売買を行うことで利益を獲得する取引のことをアービトラージと言います。 相関性のある通貨で為替差益を受け取る方法も良いですが、通貨の相関性は絶対ではありませんので、少なからずリスクが付きまといます。 そこで最も安定した利益…

続きを読む