軟調とは?

軟調(なんちょう)とは、相場がやや下降基調を続けている状態のことを言います。買い方が乏しく、相場が安い状態のまま、ある程度推移し続けている時に使われる用語です。 しかし、寄り付きだけが安かった場合や、ザラ場で瞬間的に下落しただけという場合には、軟調という表現は使いません。軟調(なんちょう)と表現するには、ある程度の時間の経過が必要になります。 また、軟調な状態のことを‘下げ足(さげあ…

続きを読む

ヒストリカル・ロールオーバーとは?

ヒストリカル・ロールオーバーとは、過去に約定した外国為替取引において、過去に約定したレートを、そのまま使って、期日(バリュー・デート)を延長することにより損失または利益を先に延ばすことを言います。 為替取引(スポット)では通常、2営業日後が決済日となります。 しかし、それ以降もポジションを持ち続けられるようにするためにロールオーバー(ポジションの繰り延べ)を行ない、過去に約定したレー…

続きを読む

実需筋とは?

実需筋とは、外国為替市場の参加者のうち、輸入や輸出をすることから為替取引が必要となる事業者のことです。 実需筋は為替変動によって収益を得ようという目的で売買を行なっているわけではないため、目先の相場の方向性にあまり影響を与えないで、淡々と取引をすることに特徴があります。 実需筋は為替変動によって収益を得ようとしているわけではありませんので、例えば、外貨を売買して数時間後に反対の行為を…

続きを読む

スクエアとは?

スクエアとは、外国為替取引で売りと買いの持ち高がゼロの状態のことをいいます。 つまり、保有しているポジションがない状態のことを指します。 買いポジションを持っている場合は、買い持ちまたはロングといいます。 反対に、売りポジション持っている場合は売り持ちまたはショートといいます。 ロングとショートとは? ⇒FXについて「はなまるFX」で分かりやすく学ぼう

続きを読む

オーバーナイト・ポジションとは?

オーバー・ナイト・ポジションとは、翌日以降に持ち越されたポジション(外国為替の持ち高)のことをいいます。 夜間海外市場での相場変動リスクにさらされるポジションです。 取引を「オーバー・ナイト取引」といいます。 それに対して、その日のうちに決済するポジションのことを、「デイライト・ポジション」といいます。 ⇒FXについて「はなまるFX」で分かりやすく学ぼう

続きを読む

抜け幅とは?

抜け幅とは、外国為替証拠金取引特有の言葉で、建ててから決済するまでの総コストをいいます。 相場がどれくらい動いたら、手数料分が抜けるかという値幅です。 ドル/円の場合には、何銭かといったように示します。 たとえば120円55銭で買った場合、抜け幅が10銭だとすると、120円65銭より上に抜けたら利益が生まれることになります。 投資家からすると、抜け幅が狭ければ狭いほど、…

続きを読む

ボラタイルとは?

ボラタイルとは、株式市場や外国為替証拠金取引(FX)市場、商品先物市場などにおいて、相場が大きく変動している状態のこと、相場の値動きが激しく乱高下していることを指します。 ボラタイルには決められた条件や数値などはないです。 使いかたとしては、「寄付きからボラタイルな値動きが続いた」、「週明けはボラタイルな展開が予想される」などのように用いられます。 ⇒FXについて「はなまるFX…

続きを読む

スポットとは?

スポットとは、取引の売買日から2営業日後のスポット取引バリュー日を言います。 スポット取引のことを、別名で「直物為替取引」とも呼びます。 祝祭日、週末または当該通貨ペアが代表する国が銀行休業日であるときは、スポット日は銀行が開く次のバリュー日に繰延べ調整されます。 テレビのニュースで伝えられている為替レートや、FX取引での為替レートも、この直物為替レート(スポットレート)のことを指して…

続きを読む

リスクマネージメントとは?

リスクマネジメントとは、「危機管理」のことをいいます。 あらかじめ予期していたリスクが現実のものとなっても影響を最小限に抑えるための対策を行うことをいいます。 例えば、地震や台風、テロなど集団や個人は常にリスク(危険)など、それらのリスクが現実に起こったときにも、それによる影響を最小限に抑えるための対策を指します。(そのリスクに対し発生確率や被害の大きさを勘案・回避して、全体のリス…

続きを読む